引越 相見積もり

相見積もりは必要!?|引越見積もり.jp

相見積もりは必要!?

引越し時には見積もりをとることになりますが、その際に必要不可欠なことがあります。
何かというと、見積もりは一社だけじゃなく複数の業者からとることです。
複数の業者からとった見積もりを比較するのは、非常に大切なことです。

 

それは「複数の業者から見積もりを取って比較する」ということです。

 

複数の業者から見積もりをとる、つまり相見積もりをして、
それぞれの業者の料金を比べることで、より自分に合った業者を選ぶことができます。

 

また、見積もり時に「他の業者の方が安かった」「他にはこんなサービスがあった」など、
業者を競わせることで値引き交渉の成功率は跳ね上がります。

 

いくつもの業者から見積もりをとるなんて大変そうに感じるかもしれませんが、
今ではインターネットを利用すると簡単に相見積もりができますよ。

 

 

相見積もりの流れ

 

良さそうな業者をピックアップ

まず、インターネットから一括見積もり請求をすると、
それぞれの業者から大よその見積額が提示されます。
提示された中から、良さそうなところを3〜5社ほど選びましょう。

 

業者の見積もり訪問

選んだ業者には、下見のために家を訪れてもらいます。
『下見をしてもらうなんて面倒…』と思うかもしれません。
しかし正式な見積額を出すためにも、
荷物の量などを実際に確認してもらうことが重要です。
普通であれば、下見は一社につき一時間程度で終わります。

 

引越し料金を値切る場合は、この時点で契約を交わすことは絶対に避けてください。
業者は『今契約すると安い』という内容のことを言ってくるかもしれませんが、
その場で返事はせずに検討して連絡する旨を伝えましょう。

 

その方がこちらも見積額が妥当であるか冷静になってから判断できますし、
値引率も確実に高くなると言われています。

 

2社目以降の業者の見積もり

二社目以降の業者には、その前に来た業者が提示した金額やサービスなどを引き合いに出し、
値引き交渉に挑みましょう。

 

この場合、業者に対する遠慮は不要です。
業者も見積もり比較には慣れているので、
遠慮していると安くなるものもならなくなってしまうかもしれません。
ストレートで勝負した方が、交渉も進みやすいといえるでしょう。

 

(ただし、競い合わせるにも常識というものがあります。
くれぐれもやりすぎにはご注意くださいね。)

 

値切り交渉の最終段階

全ての業者の下見が終わって見積金額が出たら、値切り交渉も最終段階に突入です。
下見で最も好感触だった業者に連絡し、
契約したいところだけど他の業者とも迷っている…という内容のことを伝えます。

 

そして、迷っている業者の見積額を伝えましょう。
そうすると、業者側も最初よりも安い金額を提示し、最後の一押しをしてくるはずです。

 

最後の値引き交渉では、迷っている業者、
相手にとってはライバルの方が勝っている点を伝えます。
そうすることで、交渉が有利に進みやすくなります。

 

 

HOMES公式ホームページへ

お気に入りに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ