引越 区役所手続き

引越し前に各区役所で行う手続き|引越見積もり.jp

引越し前に各区役所で行う手続き

引越しをする前には、行わなければならない手続きがあります。
どれも大切な手続きですので、忘れることのないようにご注意ください。

 

ここでは、旧住所の各区役所で行う手続きをご紹介します。
手続きを行い受け取った書類は、引越し先で必要となります。
大切に保管し、紛失しないようにお気をつけ下さい。

 

 

転出届

 

・届出人 …… 本人および世帯主(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑・国民健康保険証・国民年金手帳、
         該当者がいる場合、老人医療証および赤ちゃん医療証。
・受け取るもの …… 転出証明書

 

※引越し先が同一市区町村の場合は、転出届を行う必要はありません。
※引越し先の住所が明確でない場合、転出届の手続きは行えません。

 

 

印鑑登録の廃止

 

・届出人 …… 本人および世帯主(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑登録証

 

 

児童手当の受給自由消滅届

 

・届出人 …… 養育者
・必要なもの …… 印鑑、児童手当受給事由消滅届(区役所にあります)。
・受け取るもの …… 所得証明書あるいは前年度住民税の課税証明書

 

 

国民健康保険の資格喪失届

 

・届出人 …… 本人および世帯主(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑、家族全員の保険証

 

 

老齢福祉年金

 

・届出人 …… 老齢福祉年金受給者
・必要なもの …… 印鑑(必要書類は市区町村によって異なる)
・受け取るもの …… 所得証明書

 

 

原付自転車

 

・届出人 …… 所有者本人(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑、標識交付証明書、ナンバープレート
・受け取るもの …… 廃車証明書

 

 

転出届を転出前に終わらせられなかった場合、
「引越し後14日以内」に限り、
転出届の発行は引越し後でも受け取ることが可能です。

 

引越し後14日経過後に手続きを行うと、
過料が裁判所から請求される可能性があるのでご注意ください。

 

転出証明書を受け取った後、引越しが中止になった場合は、
転出中止の手続きを行います。
その際は、転出証明書を受け取った区役所に転出証明書持参し、
必要な手続きを行ってください。

 

転出中止の手続きを行わなければ、住所不定の状態になってしまいます。
特に期限は設けられていませんが、引越し中止が決まり次第、
速やかに手続きを行うことをおすすめします。

 

なお、いずれの場合も代理人を立てる場合は、
他の必要書類と一緒に委任状も持参することを忘れないでください。

 

 

HOMES公式ホームページへ

お気に入りに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ