引っ越し後 区役所手続き

引越し後に各区役所で行う手続き|引越見積もり.jp

引越し後に各区役所で行う手続き

引越しをして住所が新しくなった場合、
そこに住み始めるにはいくつかの手続きを行わなければなりません。

 

ここでは、新しい住所にある区役所にて行う手続きをご紹介します。

 

 

転入届

 

・届出人 …… 本人あるいは世帯主(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑、国民健康保険証、国民年金手帳
         転出証明書(引越し前の各区役所で受け取ったもの)
         (該当者がいる場合:老人医療証、赤ちゃん医療証)

 

重要

 

転入届は、必ず引越し後14日以内に済ませてください。
期限内に必要な手続きを行わなければ、裁判所から過料請求がくる可能性があります。

 

 

印鑑登録

 

・届出人 …… 本人あるいは世帯主(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 登録する印鑑

 

 

児童手当

 

・届出人 …… 養育者
・必要なもの …… 印鑑、年金の加入証明書(国民年金は年金手帳)、 銀行預金通帳
         所得証明書(引越し前の各区役所で受け取ったもの)

 

 

国民健康保険の加入

 

・届出人 …… 本人あるいは世帯主(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑

 

 

老齢福祉年金

 

・届出人 …… 本人あるいは世帯主(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑、国民年金手帳
         所得証明書(引越し前の各区役所で受け取ったもの)

 

原付自転車

 

・届出人 …… 所有者本人(委任状があれば代理人による届出も可)
・必要なもの …… 印鑑、住民票、廃車控、車体ナンバー控

 

 

これらの手続きは、転入届に限らず、引越し後14日以内に完了させる必要があります。
一度に手続きを済ませてしまえるように、各区役所を訪れる際は、
必要書類をまとめて持参することをおすすめします。

 

引越し前に各手続きを行った際に受け取った「転出証明書」と「所得証明書」は、
同じ場所に保管しておくと引越し後にもわかりやすいです。

 

なお、いずれの場合も代理人を立てる場合は、
他の必要書類と一緒に委任状も持参することを忘れないようにしましょう。

 

 

HOMES公式ホームページへ

お気に入りに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ